劉璋の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>劉璋>劉璋の1ページ目

劉璋とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
劉 璋(りゅう しょう、? - 219年建安24年))は、中国後漢末期の群雄である。劉焉の子。
家系は劉氏季玉劉瑁の弟である。
目次

 1 生涯
 2 関連人物
 2.1 親族
 2.2 配下
 2.3 演義のみ
 3 脚注
 4 参考資料
生涯

劉焉の少子(末の子)だったが、若い時に長兄の劉範や次兄の劉誕と共に、奉車都尉として長安献帝の近侍として仕えていた。
献帝は宗室の劉焉の暴走を諫めさせるために、劉璋を益州に派遣したが、劉焉はこれを聞かずに劉璋を二度と都に戻さなかったという。194年興平元年)に兄劉範劉誕が相次いで亡くなった[1]
劉焉が病死した時に州の大吏の趙韙らは劉璋の温仁を貪らんと、共に上書して劉璋を益州刺史とした[2]
200年(建安5年)、自分に叛いた張魯の生母(盧氏)とその弟の張徴を見せしめのために誅殺した。
劉璋は、荊州三輔出身の兵士である東州兵が民衆を侵害しても取り締まることができず、政令に欠けるところも多かったので、これらの事を不満に思う民衆は少なくなかった。
劉璋は趙韙にこの問題を解決させようとしたが、趙韙は民の怨嗟の心を利用して、州内の豪族と手を結び謀反を起こした。
蜀郡・広漢犍為の三郡は趙韙に呼応し、劉璋は窮地に陥ったが、東州兵の奮戦により趙韙の軍勢は撃退され、趙韙は配下に裏切られて斬られ、反乱は終結した。
曹操が荊州を制圧すると、劉璋は陰溥を使者として派遣して曹操に敬意を表した。
曹操は劉璋に振威将軍の将軍位を与えた。
この際、兄・劉瑁は平寇将軍の官位を貰っている。
その後、劉瑁は精神を病み間もなく亡くなった[3]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/15)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「劉璋」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio