副大臣の解説頁です。 Weblio辞書辞典>ビジネス>時事用語>副大臣>副大臣の1ページ目
「副大臣」とは
辞書を選択できます:

副大臣とは?



時事用語
2000年1月から新たに設置される政治任用ポスト
国務大臣仕事助けるという地位の副大臣は、現行の政務次官廃止して、より大きな権限与えられることになっている大臣不在のとき、副大臣がその職務代行する。大臣同様に国会議員の中から選ばれる
副大臣制度導入は、これまで官僚主導批判されてきた政策立案について、政治家指導的な役割を果たすように変えることを目的としている。そのため、副大臣の地位は、大臣に次ぐとされているものの、官僚トップポストである事務次官よりも高いとされている。
国会審議において、官僚大臣に代わって答弁するという政府委員制度廃止され、2000年1月からは副大臣も答弁することになる。また、首相官房長官要請されれば、副大臣が閣議同席することも可能にする方針である。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「副大臣」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio