分子生物学の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>分子生物学>分子生物学の1ページ目

分子生物学とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
分子生物学(ぶんしせいぶつがく、: molecular biology)は、生命現象を分子を使って説明(理解)することを目的とする学問である[1]

目次


 1 歴史
 1.1 創成期
 1.2 分子遺伝学の発展
 1.3 新技術と新分野の開花
 2 日本の分子生物学
 3 実験手法
 4 出典
 5 参考文献
 6 関連項目
歴史
創成期

分子生物学という名称は1938年ウォーレン・ウィーバーにより提唱された[2]
これは当時、量子力学の確立やX線回折の利用等により物質の分子構造が明らかになりつつあったことから、まだ謎に満ちていた生命現象(中でも遺伝現象)をも物質の言葉で記述したいという希望の表明であった。
当時、遺伝の染色体説はすでに確立し、遺伝学ショウジョウバエなどを用いて目覚ましく進歩していたが、生体高分子として知られていたタンパク質核酸のいずれが遺伝を担っているのかも、遺伝子が具体的に何を決めるのかも不明だった。
ドイツを中心とする当時の物理学者たち(アメリカに亡命した人も多い)もこの問題に深い関心をもち、特にマックス・デルブリュックは物理学から遺伝学に転向した。
また物理学者から見た生命観を述べたシュレーディンガーの名著『生命とは何か』(1944年)も大きな影響を与えた[3]
デルブリュックは研究対象をショウジョウバエからバクテリオファージ細菌に寄生するウイルス)に転換して「ファージグループ」と呼ばれる学派を主宰し、これが分子生物学の創成に大きく寄与した。
注目の情報

ページ(1/17)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「分子生物学」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio