再会の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>再会>再会の1ページ目
「再会」とは
辞書を選択できます:

再会とは?



物語事典
★1.夫婦別れ別れになり、何年かののちに再会する。
明石物語御伽草子播磨明石三郎悪人のために捕えられ、奥州外の浜流される明石の妻は夫を尋ね旅立ち道中出産するなどの苦難経て信夫の里に身を寄せる5年後明石破牢して故郷目指し信夫の里に立ち寄って思いがけず妻と再会する。
小栗(をぐり)説経小栗判官照手姫結婚してまもなく毒殺されるが、閻魔王情けで、3年後に相模国上野の原の塚から蘇生する。餓鬼のごとき姿の彼は、444かかって熊野本宮に運ばれ、湯の峰に入湯する。49日後にもとの健康体になり、やがて美濃国青墓照手姫と再会する。
今古奇観14話「宋金郎団円破氈笠」 宋金は宜春結婚して睦まじく暮らすが、肺病になったため、舅によって荒地捨てられる。
注目の情報

ページ(1/18)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「再会」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio