入水の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>入水>入水の1ページ目
「入水」とは
辞書を選択できます:

入水とは?



物語事典
関連項目→〔水死〕・〔身投げ
★1.複数の男から求婚された女が、入水して死ぬ。
万葉集巻9 1811~1812歌 葛飾真間の手児名質素身なりで働く娘だったが、たいへんな美女であったので、多く男性から求愛された。
しかし彼女は誰とも結婚することなく、入江に身を沈めて死んでいった。
万葉集16 3810~3812歌 3人の男が、縵児(かづらこ)に求婚した。
縵児は思い悩んで池のほとりをさまよい、ついに水底に身を沈めた。
大和物語1472人の男から求婚された津の国の女は、どちらを選ぶこともできず、「住みわびぬ我が身投げてむ津の国の生田の川は名のみなりけり」の歌を残して生田川投身した。
長良乙女古伝説→〔二人夫〕1aの『草枕』(夏目漱石)2。
★2.夫や兄が討死したり捕らわれたりしたため、その妻や妹が入水して死ぬ。
平家物語巻9「小宰相身投」 懐妊の身の小宰相は、夫通盛討死を知らされ悲嘆して、屋島の海に入水した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/10)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「入水」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio