光化学スモッグの解説頁です。 Weblio辞書辞典>業界用語>環境用語>光化学スモッグ>光化学スモッグの1ページ目
「光化学スモッグ」とは
辞書を選択できます:

光化学スモッグとは?



環境用語
光による化学変化でできたスモッグのこと。
 
大気中の二酸化窒素炭化水素太陽紫外線があたると複雑な反応起こし原子状の酸素ができ,これが酸素反応オゾンできますオゾン炭化水素反応するとアルデヒドなどの刺激性のある物質をつくります。
さらに一酸化窒素二酸化窒素も加わりだんだん複雑な化合物をつくってPAN(パーオキシアシルナイトレイト;RCONO)という物質をつくります。オゾンアルデヒドPAN等を総称してオキシダントといいます。
これが光化学スモッグの主成分です。
 
光化学スモッグは,夏の日ざしが強く,風の弱い日にとくに発生しやすく,その影響は目がチカチカしたり,のどが痛くなったり,植物ある種症状現れたりするほか視程障害おこしたり,呼吸器系皮膚粘膜をおかすなど広範わたります。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/12)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「光化学スモッグ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio