僧の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>>僧の1ページ目
「僧」とは
辞書を選択できます:

とは?



物語事典
★1.僧と后・姫君
ささやき竹』御伽草子左衛門の尉夫婦14歳の姫の良縁願い67歳の西光坊が毘沙門の法を行なって祈祷する。
ところが西光坊は姫の美貌愛欲の心を起こし左衛門の尉夫婦をだまして、姫を長櫃に入れて鞍馬連れ去る途中関白が姫を救い出しの中へ牛を入れておくので、西光坊は、「姫が牛に化した」と驚く。西光坊は天罰雷電身体を裂かれ、姫は関白の妻になった。
志賀寺上人の恋三島由紀夫 女犯罪を犯すことなく高齢達し志賀寺上人が、美貌京極御息所見て恋に落ちる上人御息所御所の庭に、にすがって1日夜立ち尽くす。御息所上人御簾の前へ招くと、上人御息所の手押しいただき、しばらくの後に、手をほどいて立ち去る
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/29)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「僧」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio