俳句四季大賞の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>俳句四季大賞>俳句四季大賞の1ページ目

俳句四季大賞とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
俳句四季大賞(はいくしきたいしょう)は、月刊誌『俳句四季』の出版元である東京四季出版が主催する俳句賞。
2001年に設立。
前年に日本国内で出版された句集が選考対象で、他社の類似した賞を受賞した句集は原則として除外される。
選考委員は第1回から第10回まで有馬朗人倉田紘文倉橋羊村村上護の4名。
第11回より齋藤愼爾仙田洋子高野ムツオ星野高士の4名。
2012年からは俳句四季特別賞、2013年からは30句作品の公募による俳句四季新人賞および俳句四季新人奨励賞の選考も行われており、俳句四季大賞と同時に発表されている(選考委員は共通)。
目次

 1 受賞者一覧
 1.1 俳句四季大賞
 1.2 俳句四季特別賞
 1.3 俳句四季新人賞
 1.4 俳句四季新人奨励賞
 2 参考文献
 3 外部リンク
受賞者一覧
俳句四季大賞

 第1回(2001年)- 吉野義子 『流氷』、岩淵喜代子 『蛍袋に灯をともす』
 第2回(2002年)- 後藤比奈夫 『沙羅紅葉』
 第3回(2003年)- 山上樹実雄 『四時抄』、矢島渚男 『延年』
 第4回(2004年)- 小原啄葉 『永日』
 第5回(2005年)- 大石悦子 『耶々』
 第6回(2006年)- 友岡子郷 『雲の賦』
 第7回(2007年)- 文挟夫佐恵 『青愛鷹』
 第8回(2008年)- 今井千鶴子 『過ぎゆく』
 第9回(2009年)- 綾部仁喜 『沈黙』
 第10回(2010年) - 神蔵器 『氷輪』、豊田都峰 『土の唄』

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「俳句四季大賞」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio