信用格付けの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>信用格付け>信用格付けの1ページ目

信用格付けとは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
信用格付(しんようかくづけ、: credit rating)は、金融商品または企業・政府などの信用状態に関する評価を簡単な記号または数字で表示した等級である。

目次

 1 概略
 2 情報の非対称性と格付
 3 信用格付けの信憑性
 3.1 債務分析その他手法の問題点
 3.2 格付け市場の寡占と公平性
 4 日本における格付会社
 5 日本における格付会社規制 (「信用格付業者」に対する規制)
 5.1 定義
 5.2 登録
 5.3 「信用格付業者」の主要な義務等
 5.4 監督
 6 格付記号
 7 格付の種類
 8 格付情報の利用
 9 格付の手法
 10 脚注
 11 参考文献
 12 外部リンク

ウィキペディア目次へ
概略

信用格付は、公社債の発行体(政府や企業)そのものに付けられるものと、個別の金融商品(証券化商品など)に付けられるものなどが存在する。
なお、一般にニュースや、新聞等で格付といわれているものは、信用格付を表していることが多い。
例:「○○の格付をAAに格上げ」など

ウィキペディア目次へ
情報の非対称性と格付

信用格付の重要な機能として、情報の非対称性を減らすことが挙げられる。
政府や企業が、市場から資金を調達する方法として大きく、貸出市場(金融機関)を利用する方法(間接金融)と、資本市場を利用する方法(直接金融)の二つが存在する。
前者では預金者は銀行に預けた資金を、銀行を通じて企業などに融資をするため、企業が債務不履行に陥った場合も、銀行がリスクを負うため、預金者のリスクは間接的かつ限定的である。
注目の情報

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「信用格付け」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio