仮面の告白の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>仮面の告白>仮面の告白の1ページ目

仮面の告白とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
仮面の告白』(かめんのこくはく)は、三島由紀夫の2作目の長編小説
三島の初の書き下ろし小説である。
大きな成功をおさめた代表作で自伝的作品でもある[1]
人と違う性的傾向に悩み、生い立ちからの自分を客観的に生体解剖していく「私」の告白の物語。
自身の性的志向への自覚と、男女の愛への試みと挫折が、苦痛と悲哀に満ちた理知的かつ的な文体で描かれている。
当時、同性愛というテーマを赤裸々に綴ったことは大きな話題を呼び、この作品により三島は一躍、24歳で著名作家となった[2]
日本文学史上でも、その異質性においても画期的な作品だとされている[3][4]

目次


 1 発表経過
 2 構成
 3 あらすじ
 4 作品背景・執筆動機
 4.1 裏返しの自殺・生の回復術
 4.2 モデル
 5 文壇での反響
 6 作品評価・研究
 7 映画化
 8 おもな刊行本
 8.1 全集収録
 9 派生作品
 10 脚注
 10.1 注釈
 10.2 出典
 11 参考文献
 12 関連項目
 13 外部リンク
発表経過

1949年(昭和24年)7月5日に書き下ろしとして河出書房より刊行された[5][6]
擱筆日は同年4月27日である[7]
出版社企画の「第五回書き下ろし長篇小説」として刊行されたもので、この時の担当編集者は坂本一亀坂本龍一の父)であった[8][9][注釈 1]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/28)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「仮面の告白」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio