仕様の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>仕様>仕様の1ページ目

仕様とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
仕様(しよう、: specification スペシフィケーション)とは、材料・製品・サービスなどが明確に満たさなければならない要求事項の集まりである[1]
日常的には英語を短縮して「スペック」とも。

目次


 1 概説
 2 仕様の利用
 3 仕様の内容
 4 工程能力との関係
 5 標準仕様書
 6 建設業における仕様
 6.1 日本での事項
 6.2 北米の建築仕様
 6.3 エジプトの建築仕様
 6.4 イギリスの建築仕様
 7 食品と医薬品の仕様
 8 ソフトウェア開発
 8.1 外部仕様
 8.2 形式仕様
 8.3 プログラム仕様
 8.4 機能仕様
 8.5 詳細仕様
 8.6 Webサービス仕様
 8.7 文書仕様
 9 脚注・出典
 10 参考文献
 11 関連項目
 12 外部リンク
概説

仕様を記述した文書を仕様書と呼ぶ。
素材・製品・サービスが適用可能な仕様を満たさない場合、規格外 (out of specification) とされる[2]
これを英語では "OOS" と略記することがある[3]
技術仕様は例えば企業や規制団体や軍事組織によって私的に開発されることもあるが、標準化団体が開発することもあり、より広範囲な入力から随意の工業規格として開発するのが一般的である(随意の工業規格を政府やビジネス契約で採用すれば、義務的なものになることもある)。
「仕様」という用語はデータシート(あるいはスペックシート)の意味で使われることがある。
データシートは製品などの技術的特性を説明するテクニカルコミュニケーションの手段として使われるものである。
製造業者が顧客の製品選択の際の補助として提供したりする。
データシートは厳密には仕様ではない。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/11)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「仕様」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio