仁村徹の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>仁村徹>仁村徹の2ページ目

仁村徹とは?




仁村 徹(にむら とおる、1961年12月26日 - )は、埼玉県川越市出身の元プロ野球選手内野手投手)、プロ野球コーチ、現役時代は中日ドラゴンズ千葉ロッテマリーンズに在籍した。野球解説者野球評論家
実兄は自身と同じ元プロ野球選手の仁村薫で、現役時代は中日で一緒にプレーした経験がある(当時、スコアボードなどには「仁村兄(=薫)」「仁村弟(=徹)」と表記されていた)。
目次

 1 来歴
 2 引退後
 3 プレースタイル・人物
 4 詳細情報
 4.1 年度別投手成績
 4.2 年度別打撃成績
 4.3 表彰
 4.4 記録
 4.5 背番号
 5 関連情報
 5.1 出演番組
 6 脚注
 7 関連項目
 8 外部リンク
来歴

上尾高校では、右下手投げのエースとして活躍。1979年春季関東大会決勝に進み、銚子商に惜敗するが好投手として注目される。
同年夏の甲子園に出場。
1回戦で浪商と対戦、9回2死まで2-0とリードしながら勝利目前で牛島和彦に同点2ランを打たれ、延長11回敗北[1]
このときの試合は今も甲子園史上に残る名試合として語り継がれている。
卒業後は東洋大学に進学。東都大学野球リーグでは3年生の時、1982年春季リーグで4年振りの優勝を飾る。
8勝2敗の成績を残し、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを受賞した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/12)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「仁村徹」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「仁村徹」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio