五島慶太の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>五島慶太>五島慶太の1ページ目

五島慶太とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
五島 慶太(ごとう けいた、1882年明治15年〉4月18日 - 1959年昭和34年〉8月14日)は、日本実業家東京急行電鉄(東急)の事実上の創業者。正三位勲一等
旧姓は小林。

目次


 1 人物・来歴
 1.1 幼少期 - 大学卒業
 1.2 鉄道業界へ
 1.3 「強盗慶太」
 1.4 東條内閣に入閣、公職追放
 2 死後の評価
 3 年譜
 4 家族・親族
 5 脚注
 5.1 注釈・出典
 6 参考文献
 7 関連書籍
 8 関連人物
 8.1 門下生
 9 外部リンク
人物・来歴

東京帝国大学卒業後、官僚を9年務めた後に現在の東急東横線の前身である武蔵電気鉄道常務に就任。
実質的な経営権を獲得し、池上電気鉄道玉川電気鉄道をはじめとする数々の競合企業をM&Aを用いて次々と買収
その強引な手口から「強盗慶太」の異名をとった[1]
ただし、鉄道事業では優れた経営を行い、阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)の小林一三と並び、「西の小林・東の五島」と称された。
注目の情報

ページ(1/21)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「五島慶太」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio