乳酸菌の解説頁です。 Weblio辞書辞典>業界用語>酪農用語>乳酸菌>乳酸菌の1ページ目
「乳酸菌」とは
辞書を選択できます:

乳酸菌とは?



酪農用語

乳酸菌は、糖質分解して乳酸生成する微生物のことで、この乳酸菌を利用した食品の中で、最も代表的なものがヨーグルトです。
乳酸菌にはブルガリア、サーモフィルスビフィズス菌アシドフィルス菌など様々なものがあります
最近では乳酸菌が人の健康に果たす役割注目されています。
1)コレステロール抑制作用
血液中のコレステロール値が1%高くなると、心筋コウソク心不全のような心臓病になる危険性2%高くなることが分かっています。
これを乳酸菌が抑制してくれます。
2)抗変異原性作用
変異原性とは、発ガンにつながる恐れのある毒性のひとつです。焼き魚焦げなどに変異原性がみとめられていますが 、乳酸菌はこの毒性抑えることができるといわれています。
3)免疫増強作用
私たち毎日有害なウイルス病原菌にさらされています。
そんな状況でも病気ならないのは免疫機能のおかげなのです
4)整腸作用
ヨーグルト便秘改善したり、下痢やわらげたり、おなかを元気にする食品として定着していますが、乳酸菌がそれに大きく役立っているのです。

注目の情報

ページ(1/21)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「乳酸菌」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio