久島海啓太の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>久島海啓太>久島海啓太の2ページ目

久島海啓太とは?




久島海 啓太(くしまうみ けいた、1965年8月6日 - 2012年2月13日)は、和歌山県新宮市出身の元大相撲力士
本名は久嶋 啓太(くしま けいた)。
身長187cm、体重204kg。
得意手は右四つ、寄り、極め出し、小手投げ。
最高位は東前頭筆頭。
目次

 1 来歴
 2 人物
 3 エピソード
 4 主な成績
 4.1 場所別成績
 5 年寄変遷
 6 脚注
 7 関連項目
 8 外部リンク
来歴

新宮市で靴製造販売業を営む家に二男として生まれる。
4歳の時に相撲好きである父親の指導で相撲を始めたが、小学校では卓球陸上を、中学校ではバスケットボールをやっていた。
和歌山県立新宮高等学校へ進学した時は186cm・160kgと堂々たる体格で、1年生から3年生まで3年連続で全国高等学校相撲選手権大会で優勝を果たし、高校3年時には全日本相撲選手権大会でも優勝し、史上初となる高校生でのアマチュア横綱を獲得して、同年齢で中学生横綱を2年連続で獲得した秋本久雄とともに高校卒業後の進路が注目されたが、教員志望で高卒後のプロ入りはせず日本大学への進学を明言した。
進学した日本大学相撲部でも、1年生で2年連続で全日本相撲選手権で優勝し、1年生から3年連続で全国学生相撲選手権大会で優勝したが、4年生では優勝を逃している。
大学卒業直前に当初の教員志望を断念して出羽海部屋へ入門し、1988年1月場所において幕下付出初土俵を踏んだ。
初土俵から7場所連続で勝ち越しを果たし、1989年3月場所において新十両へ昇進した。
同時に四股名を「久島海」と改めた。
新十両となった3月場所では11勝4敗の好成績を挙げて自身初の十両優勝を果たし、さらに翌5月場所でも10勝5敗の好成績を挙げて2場所連続2回目となる十両優勝を達成して、翌7月場所に新入幕を果たした。
学生時代の実績から大いに将来を嘱望されたが、腰が高く脇が甘いために受け身になってしまい強引に相手を引っ張り込んで小手に振る取り口だったために負傷が多く、三役への昇進は果たせなかった。
西前頭2枚目の位置で迎えた1993年3月場所では、13日目の旭道山戦において立合いから強烈な張り手を一発食らって土俵中央で崩れ落ちてしまい、膝を負傷して翌14日目から休場して、最終的にこの場所を7勝7敗1休と負け越したために三役へ昇進する大きな機会を逃した。
1995年5月場所において十両へ陥落して以降は十両に在位することが多くなり、同年11月場所では東十両筆頭で8勝7敗と勝ち越していながら、翌1996年1月場所の番付ではそのままの地位に据え置かれたり、翌3月場所では東十両2枚目で10勝5敗と大きく勝ち越したもののそれでも再入幕を果たせなかったりと、全般的に番付運にも恵まれなかった。
注目の情報

ページ(2/16)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「久島海啓太」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「久島海啓太」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio