三島由紀夫の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>三島由紀夫>三島由紀夫の2ページ目

三島由紀夫とは?




修辞に富んだ絢爛豪華で詩的な文体古典劇を基調にした人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴[10][11]
晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織「楯の会」を結成。1970年(昭和45年)11月25日、楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)を訪れ東部方面総監を監禁バルコニークーデターを促す演説をしたのち、割腹自殺を遂げた。
この一件は社会に大きな衝撃を与え、新右翼が生まれるなど、国内の政治運動や文学界に大きな影響を与えた[12][13][14](詳細は三島事件を参照)。

目次


 1 生涯
 1.1 出自
 1.2 幼年期と「詩を書く少年」の時代
 1.3 「三島由紀夫」の出発――花ざかりの森
 1.4 大学進学と終戦
 1.5 終戦後の苦悶と焦燥
 1.6 川端康成との出会い
 1.7 学生作家時代と太宰治との対面
 1.8 文壇への挑戦――仮面の告白
 1.9 ギリシャへの憧れ――潮騒
 1.10 自己改造の試み――金閣寺
 1.11 時代の中で――鏡子の家
 1.12 行動の誘惑――英霊の聲
 1.13 文と武の世界へ――奔馬
 1.14 楯の会と共に――豊饒の海
 1.15 最終章――天人五衰
 1.16 自衛隊突入決行と自決
 2 文学碑・追悼碑
 3 作風・文学主題・評価
 3.1 作風
 3.2 二元論
 3.3 悲劇性
 3.4 寂寞のエンディング
 3.5 人工性
 3.6 劇作家と小説家

楽に探せる!楽ワード

ページ(2/371)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「三島由紀夫」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「三島由紀夫」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio