ヴァーチャルリアリティの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ヴァーチャルリアリティ>ヴァーチャルリアリティの2ページ目

ヴァーチャルリアリティとは?




日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」とされる(#「仮想現実」という訳語について)。
古くは小説や絵画、演劇やテレビなども、程度の差こそあれVRとしての機能を有している[1]
目次

 1 概要
 2 歴史
 2.1 SF作品におけるコンセプト段階
 2.2 技術開発
 3 特性
 4 基礎となる技術と応用
 5 「仮想現実」という訳語について
 6 バーチャル・リアリティを取り扱った作品
 7 VRデバイス
 8 VRの問題点
 8.1 健康リスク
 8.2 VR酔い
 8.3 VRへの関心度
 9 エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)としてのバーチャル・リアリティの利用
 10 脚注
 11 参考文献
 12 関連項目
 13 外部リンク
概要

バーチャル・リアリティは、コンピュータによって作り出された世界である人工環境・サイバースペース現実として知覚させる技術である[2]時空を超える環境技術であり、人類認知を拡張する[3]
コンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに提示するものと、現実の世界を取得し、これをオフラインで記録するか、オンラインでユーザに提示するものとに大別される。
後者は、ユーザが遠隔地にいる場合、空間共有が必要となり、テレイグジスタンス (⇒『Telexistence』) 、テレプレゼンス (⇒『Telepresence』)、テレイマージョン (⇒『Teleimmersion』) と呼ばれる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/23)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ヴァーチャルリアリティ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ヴァーチャルリアリティ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio