ヴァッラブバーイー・パテールの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ヴァッラブバーイー・パテール>ヴァッラブバーイー・パテールの1ページ目

ヴァッラブバーイー・パテールとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
"サルダール"[1]・ヴァッラブバーイー・パテールグジャラート語:વલ્લભભાઈ પટેલ、1875年10月31日1950年12月15日)はインド政治家インド国民会議所属。法廷弁護士でもあった。ジャワハルラール・ネルー初代首相の下で副首相内務大臣を務め、インド・パキスタン分離独立に際しては多くの藩王国を巧みな手腕でインドに帰属させ、インドの鉄の男インドのビスマルクと呼ばれた。
人物

現在のインド・グジャラート州出身。
同じくインド独立の英雄とされるマハトマ・ガンディージャワハルラール・ネルー政教分離を目指したのに対して、パテールは独立以前から、ヒンドゥー至上主義団体の民族義勇団と繋がりがあったとされるなど、ヒンドゥー教に傾いていた。
このため、イスラム教を始め様々な宗教が混在するインド国内では、パテールは独立の英雄とされながらも、腫れ物のような扱いをされている。
インド国内外を問わず、ガンディーやネルーと比べると知名度は高くない。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ヴァッラブバーイー・パテール」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio