ロスアラモス国立研究所の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ロスアラモス国立研究所>ロスアラモス国立研究所の1ページ目

ロスアラモス国立研究所とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロスアラモス国立研究所(ロスアラモスこくりつけんきゅうじょ、Los Alamos National Laboratory, LANL)は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロスアラモスに、第二次世界大戦中の1943年に、マンハッタン計画の中で原子爆弾の開発を目的として創設されたアメリカの国立研究機関である。
現所長は、チャールズ・マクミラン (Charles McMillan)。

目次

概要

ロッキー山脈の南端の美しい森林に囲まれた広大な敷地(約110平方キロメートル)に2100棟もの施設が立ち並び、科学者・エンジニア2500名を含む1万人もの所員が勤務している。
現在でも核兵器開発やテロ対策など合衆国の軍事・機密研究の中核となる研究所であるが、同時に生命科学、ナノテクノロジー、コンピュータ科学、情報通信、環境、レーザー、材料工学、加速器科学、高エネルギー物理、中性子科学、核不拡散、安全保障、核テロを抑止する核緊急支援隊の育成など、さまざまな先端科学技術について広範な研究を行う総合研究所でもある。
アメリカ国内外の研究機関との共同研究も盛んであり、多くの外国人研究者を受け入れている。
年間予算は21億ドルで(2013年度)[1]、合衆国の頭脳が集まる名実ともに世界最高の研究機関であり、「合衆国の至宝」 と称される。
研究所は「The world's greatest science protecting America(アメリカを守る世界で最も偉大な科学)」を標榜する。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/17)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ロスアラモス国立研究所」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio