レガ・プロの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>レガ・プロ>レガ・プロの2ページ目

レガ・プロとは?




セリエC(Serie C)は、イタリアサッカーリーグにおいて上から3番目のリーグである。
1935年に発足したセリエCは、登録チーム数の増加にともない、1978年にセリエC1セリエC2に分割。
2008年に再び改組されてレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネとレガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネとなり、2013-14シーズンは各リーグA、Bの2つのエリア(ジローネ:girone)で構成され、プリマ・ディヴィジオーネはAに17チーム、Bに16チームの計33チーム、セコンダ・ディヴィジオーネは各18チームずつの計36チームが登録されていた。
2014-2015シーズン、再びプリマ・ディヴィジオーネとセコンダ・ディヴィジオーネが統合し、新たにレガ・プロとして3ジローネ・60チームのリーグとして再編された。
2017-2018シーズン、再びセリエCと言う名前に戻され、編成はそのまま3ジローネ・60チームのリーグとして争うことになった。
目次
昇格

各ジローネの上位1チーム(計3チーム)はセリエBへ自動昇格となる。
さらに、各ジローネの2位チームでプレイオフを行い、勝ち残った1チームもセリエBへ昇格する。
降格

計9チームがセリエDへ降格する。
各ジローネの最下位(3チーム)は自動降格。
さらに各ジローネで16位から19位のチームがプレイアウトを行い、敗者2チームずつ(合計6チーム)も降格となる。
特例

なお2014-15年度のセリエA(1部)で22位(最下位)に終わったSSDパルマ・カルチョ1913(旧パルマFC)は、成績上の規定ではセリエB降格となるが、リーグから締切期限とされていた2015年6月22日までに受け皿となる新スポンサーのめどがつかなかったため、取り決めにより3階級下のセリエDに降格することが決まった。
そのため2015-16年度のセリエBへは特例として昇格枠を1つ増やし、かつセリエDへの降格も1チーム減らされた[1]
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/72)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「レガ・プロ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「レガ・プロ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio