リーガMXの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>リーガMX>リーガMXの2ページ目

リーガMXとは?




リーガMXLiga MX スペイン語発音: ⇒『[ˈliɣa ˈeme ˈekis]』)は、北中米カリブ海サッカー連盟に加盟するメキシコの国内プロサッカーの最上位リーグである。
2013年よりBBVA Bancomerが公式スポンサーとなったことからリーガ・バンコメル・MX (Liga Bancomer MX)として知られる。[3]
目次

 1 リーグ概要
 2 リーグ形式
 3 2016-17シーズン所属クラブ
 4 歴代優勝クラブ
 5 クラブ別優勝回数
 6 歴代得点王
 7 ダービーマッチ
 8 昇格・降格クラブの決め方
 9 国際大会での主な戦績
 10 昇格・降格記録
 11 関連項目
 12 脚注
 13 外部リンク
リーグ概要

メキシコのサッカーは北中米カリブ海地域ではトップレベルといわれるが、それはこの国内リーグの充実によるところが大きい。
資金の潤沢なクラブも多く、中南米諸国の代表選手が多数プレーしている。
メキシコ代表も最近までほとんどが国内クラブの選手で構成されていた。
1998年から招待参加しているコパ・リベルタドーレスでは2001年に準優勝したクルス・アスルを始め、メキシコのクラブはこれまでベスト4以上の成績を8回マークしており、南米の強豪クラブにも引けをとらない。
暦年後半(秋)にシーズンが開幕し、翌年の暦年前半(春)にシーズンが終了する。
リーグ形式

参加クラブ数は18クラブ。
1シーズンは2ステージ制であり、それぞれのステージごとに優勝を争う。
前半戦(8月-12月)のステージをアペルトゥーラ(Apertura、開幕ステージ)、後半戦(翌年1月-5月)をクラウスーラ(Clausura、閉幕ステージ)と呼称する。
レギュラーシーズン(リーグ戦)はそれぞれのステージ全18チーム1回ずつの総当り方式となっており、各チーム17試合ずつを消化した時点での上位8チームがダイレクトでリギージャ(Liguilla)と呼ばれる決勝トーナメントに進出する。
また、アペルトゥーラでは当年度CONCACAFチャンピオンズリーグに参加していない上位3チームに対してコパ・リベルタドーレスへの招待権が与えられる。
リギージャ準々決勝は予選の成績に基づいて「1位vs8位」「2位vs7位」「3位vs6位」「4位vs5位」のタスキがけ方式のホーム・アンド・アウェーの2試合の成績を基として決定。
2試合のスコアが同じ場合はリーグ戦の順位が上だったチームが繰り上がるが、決勝戦は延長戦、PK戦を行う。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/155)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「リーガMX」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「リーガMX」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio