リシンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>建築・不動産>建築用語>リシン>リシンの1ページ目
「リシン」とは
辞書を選択できます:

リシンとは?



建築用語
【用 語】リシン
よみがなりしん
【意 味】
石の粉を混ぜたモルタルで、吹き付けまたはかき落として用いる。
※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
⇒『>>「Virtual House.NET」

(提供元:福井コンピュータ)

ページTOP▲

ウィキペディア
この項目では、アミノ酸のリシン(lysine)について説明しています。
蛋白質のリシン(ricin)については「リシン (毒物)」を、砂壁状の吹付材については「化粧しっくい」をご覧ください。

リシン
IUPAC名
Lysine
別称
2,6-diaminohexanoic acid
識別情報
CAS登録番号⇒『70-54-2』, ⇒『56-87-1』 L, ⇒『923-27-3』 D
PubChem⇒『866
ChemSpider⇒『843 ⇒, ⇒『5747』 L
KEGG⇒『C16440 ⇒⇒『C00047』(L体)
ChEMBL⇒『CHEMBL28328 ⇒
⇒『IUPHAR/BPS
⇒『724
SMILES
 C(CCN)CC(C(=O)O)N
InChI
 InChI=1S/C6H14N2O2/c7-4-2-1-3-5(8)6(9)10/h5H,1-4,7-8H2,(H,9,10) ⇒Key: KDXKERNSBIXSRK-UHFFFAOYSA-N ⇒
InChI=1/C6H14N2O2/c7-4-2-1-3-5(8)6(9)10/h5H,1-4,7-8H2,(H,9,10)Key: KDXKERNSBIXSRK-UHFFFAOYAY
特性
化学式C6H14N2O2
モル質量146.19 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

注目の情報

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「リシン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio