ラカーパラメータの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ラカーパラメータ>ラカーパラメータの1ページ目

ラカーパラメータとは?



ウィキペディア
原子が2つ以上の電子を持っている場合、電子の間に静電的な反発力が働く。
反発の強さは、電子の数とスピン、占めている軌道に依存して変化する。
反発力の合計は A、B、C という3つのパラメータで表現することができ、これら最初に記述したジュリオ・ラカー(⇒『英語版』)にちなんでラカーパラメータ: Racah parameter)と呼ぶ。
ラカーパラメータは、気相における原子の分光実験から実験的に得られている[1]
遷移金属化学において、ある項記号における反発エネルギーを記述する場合にラカーパラメータは用いられる。
たとえば、項記号 3P の電子間反発は A + 7B、3F では A - 8B と表され、これらの差は 15B である。
スレーター積分Fkとは次の関係がある。

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ラカーパラメータ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio