ライオンソフターの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ライオンソフター>ライオンソフターの1ページ目

ライオンソフターとは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
ライオンソフターライオンの衣類用柔軟剤である。
ライオン油脂(当時)が1966年6月~1976年9月まで家庭用に発売していたが、現在も業務用に販売されている。

目次


1 経緯
2 ソフランSへの切り替え
3 メモ
4 業務用
5 柔軟剤原料
6 関連項目

ウィキペディア目次へ
経緯

日本で初めて発売された衣類用柔軟仕上げ剤は1962年に発売された花王ソフターである。
同業者であるライオンも1966年に柔軟剤を発売することとなったことで、仕上げ剤トリオとして塩素系漂白剤ライオンブリーチ、液体洗濯糊ライオンハイスターチと同時発売された。
ライオンソフターの発売により、同業他社の花王は類似商号対策や対抗上1ヶ月後の1966年7月に花王ソフターハミングと改名して再発売している。
ライオンソフターの容器は白いキャップと青いボトルで、容量もハミングとはほぼ同じでラインされていた。
ラベルは花王への対抗心の現れから、ライオンの字を変に強調したきらいがあり、逆にソフターの字は小さかった。
宣伝には力を入れ、ライオンが提供する番組のCMにもかなり流されていたこともあってか、一時期は人気があったようではある。

ウィキペディア目次へ
ソフランSへの切り替え

一時期は人気があったライオンソフターだが、花王ハミングには及ばなかったのか、また他社からも類似商号(ソフター)の商品が発売されたりするなどしてきた。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ライオンソフター」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio