ポスト産業社会の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ポスト産業社会>ポスト産業社会の1ページ目

ポスト産業社会とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
脱工業化社会(だつこうぎょうかしゃかい、: post-industrial society)とは、工業化を経た産業社会(工業社会)がさらに発展し、産業構造において情報知識サービスなどを扱う第三次産業の占める割合が高まった社会のこと。
脱工業社会」、あるいは「脱産業(化)社会」、「ポスト工業(化)社会」とも呼ばれる。

目次


 1 脱工業化社会論
 1.1 ダニエル・ベル
 1.2 (中期)アラン・トゥーレーヌ
 1.3 アルビン・トフラー
 2 脱工業化とサービス化
 2.1 ペティ=クラークの法則
 2.2 製造業の変化
 2.3 サービス経済のトリレンマ
 3 脚注
 3.1 注釈
 3.2 出典
 4 参考文献
 5 関連項目
脱工業化社会論

脱工業化社会(あるいは脱産業社会)という語は、1962年に初めてアメリカ社会学ダニエル・ベルによって定式化された。
ベルは、それまでの伝統社会/産業社会(ないし近代社会)の二分法による社会学的歴史区分では当時の社会変動を読み解けないとして、脱工業化社会を第三の区分として導入した。
その後、論者によって意味やニュアンスの差を伴いながらも使用されるようになるが、アラン・トゥーレーヌアルビン・トフラーなど多くの論者は情報・知識・サービスなどを扱う産業が社会において重要な役割を担うに従い、社会の支配構造の変容が見られることを指摘している。
ダニエル・ベル
ダニエル・ベル」も参照
ベルの言う脱工業化社会とは、生産からサービス(高度情報サービスなど)に経済活動の重心が移行し、理論的知識が社会の「中軸原則」となり改革や政策形成の源泉となる社会である。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ポスト産業社会」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio