ポスト京都議定書の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ポスト京都議定書>ポスト京都議定書の1ページ目

ポスト京都議定書とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
ポスト京都議定書(ポストきょうとぎていしょ、: Post-Kyoto Protocol)とは、京都議定書の第一約束期間である2008年2012年以降の、世界の温室効果ガス削減の枠組みとして議論されていた、気候変動枠組条約の「新たなる目標」の通称

目次

 1 概要
 2 ポスト議定書の動向
 3 カンクン合意の概要
 3.1 先進国の削減目標
 3.2 途上国の削減行動
 3.3 途上国支援
 4 主要国の削減目標・削減行動
 5 関連項目
 6 出典
 6.1 脚注

ウィキペディア目次へ
概要

1997年12月11日に議決、2005年2月16日に発効した京都議定書は、2008年から2012年の第一約束期間内に先進国全体の温室効果ガス6種の合計排出量を1990年に比べて5%以上削減することを全体的目標とし、先進国に対して国ごとに削減目標を定めている。
第一約束期間以降、京都議定書を引き継ぐ枠組みとして世界各国が議論を行ってきた。
日本では、英語の接頭辞Postを冠して「ポスト京都議定書」と呼ぶのが慣習となっており、略して「ポスト京都」などとも呼ばれた。
この呼称はほかの言語圏でもほとんど同じである。
京都議定書では、当時最大排出国であったアメリカの離脱、インド中国などの大量排出国が規制対象外、カナダの削減目標達成断念、CIS諸国のホットエア問題など、多数の問題が発生している。
これらの問題をポスト京都議定書で解決していくことが期待されている。

ウィキペディア目次へ
ポスト議定書の動向

ポスト京都議定書の公式な交渉は、京都議定書のもとで第一約束期間以降の枠組みを議論する「京都議定書改正に関する特別作業部会」(AWG-KP。
議定書AWGと呼ばれることもある。)、気候変動枠組条約のもとでの枠組みを議論する「長期的協力行動に関する特別作業部会」(AWG-LCA。
条約AWGと呼ばれることもある。)で行われた。
注目の情報

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ポスト京都議定書」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio