ポスコの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ポスコ>ポスコの1ページ目

ポスコとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポスコ(POSCO)は、大韓民国(韓国)最大の鉄鋼メーカー。
日韓基本条約に伴う対日請求権資金などによる資本をもとに、朴正煕大統領の肝いりで1968年に設立、1973年浦項市にて操業開始。八幡製鐵富士製鐵日本鋼管の技術供与で急速に発展して、設立当時1人あたりの国民所得が200ドル程度だった韓国の経済発展に大きく貢献した[3]
設立当初は浦項総合製鉄(ポハンそうごうせいてつ、포항종합제철)という社名だったが、2002年5月に英文社名の「Pohang Iron and Steel Company」から取った略称を正式社名とした。

目次


 1 概要
 1.1 日本の資金援助と技術供与
 1.2 拡大
 1.3 民営化
 1.4 新日鐵住金・ポスコ技術流出訴訟
 1.5 新素材部門への進出
 2 資本関係
 3 納品先
 4 沿革
 5 脚注
 6 関連項目
 7 外部リンク
概要

韓国政府は製鉄所建設のため1968年3月に浦項製鉄を創立[4]
出資比率は韓国政府75%、大韓重石(韓国国営企業)25%[5]
これに先立つ1966年12月に韓国政府は外国民間企業8社(日本からは2社)からなる「対韓国際製鉄借款団(KISA: Korea International Steel Associates)」を発足し、外国借款調達を委託[6]
しかしKISAからの楽観的な報告とは異なり実際にはKISAは各国から借款調達ができず、1969年2月までには世界銀行やアメリカ輸出入銀行からも計画に経済性がないなどとして借款はできないことが明確となった[6](この危機に朴泰俊社長は側近に「会社の清算計画」を準備しておくよう極秘の指示を出した[3])。
そのため韓国政府はKISAとの協定を破棄。
日韓基本条約にともなう対日請求権を流用することにし、対日請求権5億ドル(無償3億ドル、有償2億ドル)のうち約7723万ドル、さらに日本輸出入銀行から商業借款5450万ドルを受けた[7]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/12)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ポスコ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio