ポスグレの解説頁です。 Weblio辞書辞典>コンピュータ>IT用語辞典>ポスグレ>ポスグレの2ページ目

ポスグレとは?




安定性も高く、BSDライセンスにより無償利用できることから、商用データベースにおいて用いられていることも多い。
PostgreSQLは、UNIX環境利用されることが多いとされるが、LinuxWindowsMac OS Xなどの多くプラットフォームサポートしている(マルチプラットフォームである)。Development Groupによる開発も活発であり、マルチコアサポートするなど多様なアーキテクチャ対応している
PostgreSQL、RDBMSオブジェクト指向概念導入したORDBMSの代表的製品でもある。
なお、PostgreSQLと同様にOSSとして提供されているRDBMSとしては、MySQLなどを挙げることができる。

参照リンク
⇒『PostgreSQL』 - (英文
⇒『NPO法人 日本PostgreSQLユーザ会

(提供元:IT用語辞典バイナリ)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
PostgreSQL(ぽすとぐれすきゅーえる: ⇒『発音例』)は、拡張性とSQL準拠を強調するフリーでオープンソースのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)である。
Postgresとしても知られている。
もともとは、カリフォルニア大学バークレー校で開発されたIngresデータベースの後継としてその起源を根拠としたPOSTGRESという名前であった。
1996年に、プロジェクトはSQLのサポートを反映してPostgreSQLに改名された。
2007年の検討の結果、開発チームはPostgreSQLという名前とPostgresという別名を維持することを決定した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/28)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ポスグレ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ポスグレ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio