ポケモンスタジアムシリーズの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ポケモンスタジアムシリーズ>ポケモンスタジアムシリーズの2ページ目

ポケモンスタジアムシリーズとは?




1998年に開催された2回目のポケモンリーグ(ポケモンの公式大会。
通信対戦による全国大会)に先駆ける形で1作目が発売され、後のシリーズも公式大会の前に発売された。
前年のおよび当年の対戦ルールに則った対戦方式が必ず存在している。
これら公式大会や『64マリオスタジアム』で行われていたポケモンの大会は、ポケモンスタジアムシリーズを用いて行われていた(本シリーズ発売以前はモニターとスーパーファミコンスーパーゲームボーイを2台ずつ用意して対戦していた)。
本シリーズはホワイトシティという町を舞台にしている。
これは本編のゲームやアニメ版などには登場しない町であり、シリーズ独自の設定と言える。
対戦モード

GB版で育てたポケモンのデータを使って、ノンプレイヤーキャラクターあるいは他のプレイヤーと対戦することができる。
全ポケモンは3Dで描画され、鳴き声もGB版の電子音からより生物風にアレンジされている。
64GBパックを接続して自分のポケモンを使う他に、あらかじめ自分のポケモンを「登録」しておいたり、ソフト側で用意された「レンタルポケモン」を使用することが可能である。
対戦ルールは基本的に通信対戦に準じており、戦闘中にアイテムを使うことはできず、戦闘前と戦闘終了後に全ポケモンが完全回復する。
また、ほぼ全てのルールにおいて「お互いに6体のポケモンを見せ合いながら、実際に対戦させる3体を選ぶ」という形式が採られる。
これは『64マリオスタジアム』で採用されたルールを引き継いでいる。
その他、共通した設定として「引き分け」が起こらないようになっている。
「すてみタックル」などの反動ダメージは最後の相手のポケモンを倒したときには発生せず、「じばく」「だいばくはつ」で最後のポケモン同士が相打ちになればそれを使った方が負けになる。
最後のポケモンが使う「みちづれ」「ほろびのうた」は、効果が発揮されることは即ち使用したポケモンが倒れてしまうことを意味するので、そのような状況では無効となる。
ちなみに、使った後に反動で次のターンに行動できなくなる「はかいこうせん」は、相手のポケモンを倒せば相手のポケモンチェンジで1ターン消費したとみなされており、これは『1』でもGBと同じように相手ポケモンを倒せば相手のチェンジ後のターンも普通に技やポケモンチェンジが可能だった。
しかし、『2』では使用すると相手に命中しなかったりゴーストタイプのポケモンで無効化された場合でも1ターン動けなくなった。
GB版でも『スタジアム』でも金銀以降は相手に命中すれば、相手のポケモンを倒した倒せなかったに係わらず反動で行動が取れなくなった。
命中しなかった場合やゴーストタイプで無効化された場合は、次のターンも行動できる。
また技の一つであるわるあがきは自身のポケモンの技の残機が全て無くなると、勝手に敵のポケモンに攻撃をする。
しかし発生率はかなり低いため、発生させるためには、自身のポケモンの攻撃を敵のポケモンに全て回避させ、残機を全てなくすようにしなければならない。
なお、『スタジアム』発売以前に行われていた『64マリオスタジアム』のポケモン対戦において「だいばくはつ」による引き分けが発生した際、解説を務めていたトランセル種市自爆技は残りポケモンがいる状態で使うべきで、これを使って引き分けになるのは作戦負けという旨の発言を行っており、それを受けた設定とも考えられる。
スタジアム
公式大会の雰囲気を再現したモード。
一定のルールのもとに、8人を相手に勝ち抜かなくてはならない(設定上は256人参加のトーナメントであり、公式大会の地区予選と同じである)。
『2』以降コンティニューが可能となった。
手持ちポケモンを「ひんし」にせずに勝利した場合、そのトーナメントにおけるコンティニュー回数が増える。
ルールによっては4段階の難易度設定がなされている場合があり、本編におけるモンスターボールの系統名称を拝借して「モンスターボールカップ」「スーパーボールカップ」「ハイパーボールカップ」「マスターボールカップ」という名が付けられている。
初期状態ではモンスターボールカップしか選択できず、クリアすることで1段階上のカップに挑戦できるようになる。
ジムリーダーのしろ
『2』より追加。
ゲームに登場するジムリーダーとその門下生相手に戦う。
最大で4人にさえ勝ち抜けば先に進め、一度でも勝ち抜けば次回からは負けてもそこからスタートできる。
対戦相手のレベルもこちらのレベルに合わせられる(ただし最低50)ので、レベルが決まっているスタジアムよりも気軽に挑戦できるモードと言える。
ただし、コンティニューは不可能。
一度しろを全てクリアしたらいいが、しかし裏モードにすると、ジムリーダーははじめからとなる。
表と裏モードでトレーナーの所持しているポケモンは一部異なる。
フリーバトル
プレイヤー同士またはプレイヤーとコンピュータで自由に対戦をする。
使用ポケモンやルールは自由に設定可能。
とにかくバトル
『2』より追加。
ゲーム起動後にすぐに選択できる。
あらかじめ用意されたパーティを用いてプレイヤー同士またはプレイヤーとコンピュータで対戦する。
システムを体験するために用意されたモードであり、勝敗によって何かが変化することは無い。

ポケモンと技の選択

GB版では通信中でも各プレイヤーが本体を持っているので、プレイヤーごとに画面が存在していたが、本シリーズでは1つのテレビ画面を全プレイヤーで共有する。
そのため、コマンド入力時に自分の「手の内」を隠すために独特な手法が採られている。
コマンド入力時には画面を見て技やポケモンを選択するのではなく、技やポケモンごとに割り振られたボタンを押すことで選択・決定する。
あらかじめ、どのボタンが何に対応するのかを暗記あるいはメモしておけば、ゲームボーイ版と同様の対戦が楽しめる。
暗記やメモをしなくとも、選択中は対応しているボタンを随時確認できる。
コンピュータ相手ならば手の内が見えてしまっても問題は無い。
対人戦でも敢えて手の内を見せることで、相手に心理的プレッシャーを与える戦術が考えられる。

ごほうび

対戦モードにおいて特定の条件を満たすと、特別なわざや道具を持ったポケモンが手に入る。
3作それぞれで貰えるものは異なる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/37)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ポケモンスタジアムシリーズ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ポケモンスタジアムシリーズ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio