ホ401の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ホ401>ホ401の1ページ目

ホ401とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
データ(ホ401)
全長2,000mm
重量150kg
口径57mm
砲身長800mm
砲口初速500m/s
発射速度80発/分、資料により50発/分[1]
弾頭重量1,550g
弾薬全備重量2,100g
機構砲身後座反動利用
製造国日本
製造日本特殊鋼

ホ401/ホ四〇一第二次世界大戦中に大日本帝国陸軍が使用した航空機関砲である。
日本特殊鋼が試作、昭和19年3月に審査を完了した[2]
この砲はホ203の構造をほぼ引き継いだ口径拡大版である。
二式複戦の試験搭載機に1門が積まれたほか、襲撃機型であるキ102乙の機首に搭載された[3]

目次


ウィキペディア目次へ
概要

口径57mmの大口径大威力砲で、砲口初速500m/sと遅いものの、一撃の威力がホ5で撃ち出す20mm砲弾の18発分に相当した。
キ102乙に搭載された機関砲の携行弾数は15発ないし16発。
二式複戦に試験搭載された機関砲は携行弾数9発である。
空対空用としては2秒に1発程度の発射速度から採用が難しく、地上攻撃用となった[4]
砲弾命中時に作られる破孔の大きさは1mから2m程度である[5]
キ102乙は機首の一部が砲の整備と装弾のため、切り落としたようにそっくり取り外せるようになっている。
外された面からは4本のパイプ溶接で作られた支持架が伸びており、砲の中央やや後方部分と接続する。
この砲身上部には16発入りの円筒状ドラムマガジンが設けられていた[6]
駐退復座装置を持つため、発射の反動が1tかかるものの機体に損傷を与えることなく搭載が行えた[7]
砲口にはバッフルを持つ[8][9]
昭和19年3月にキ102乙の試作1号機が完成、以後も試作機、増加試作機が完成し、これらの機体を用いて福生の航空審査部にて飛行試験が進められた[10]
射撃試験では砲弾の初速が遅いこと、16発全弾を撃ちきることがほとんどできない作動の悪さが欠点とされた。
昭和19年秋の天覧飛行の際にも射撃を行ったが2、3発で射撃が止まっている。
夜間射撃の際にも難点があり、ブラストで操縦者の目がくらみ、10秒程度は何も視認できなくなった[11]
標的用の舟艇を射撃した飛行第三戦隊の操縦者は、弾道性が不良なために接近して射撃が必要であると評価している。
これは反撃の対空砲火にさらされやすかった[12]
他の例では、昭和20年2月に飛行第七十五戦隊がキ102乙へ機種を改変、射撃訓練でホ401を1,500mの距離から目標に3発発射し、命中率は良くなかったと評価している[13]
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ホ401」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio