ホ301の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ホ301>ホ301の1ページ目

ホ301とは?



ウィキペディア
データ(ホ301)
全長1,500mm
重量40kg
口径40mm
砲身長800mm
砲口初速220m/s
発射速度400発/分
弾頭重量
弾薬全備重量580g
装弾薬8発
機構APIブローバック
製造国日本
製造

ホ301/ホ三〇一は、大日本帝国陸軍航空機関砲
概要

研究開発は陸軍航空技術研究所による。口径40mmで、正確には砲弾ではなくロケット弾を射出する機関砲である。
構造はエリコンFF 20 mm 機関砲と同様のAPIブローバック方式であるが、ロケット弾であるため薬莢(空薬莢)の排出は無い。
また固形ロケットの燃焼は、弾が砲身から射出される以前に終了する。
大口径の割りに比較的反動が少なく(反動は約800kg)、砲自体も軽量だが初速が遅く弾道特性も悪いため、かなり接近して射撃しなくてはならなかった。
それでも100発撃つごとに機体のリベットの緩みを点検する必要があったという。
注目の情報

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ホ301」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio