ホ203の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ホ203>ホ203の1ページ目

ホ203とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
データ(ホ203)
全長1,500mm
重量80kg
口径37mm
砲身長800mm
砲口初速570m/s
発射速度100発/分
弾頭重量400g
弾薬全備重量838g
機構反動利用 ロングリコイル方式
製造国日本
製造日本特殊鋼

ホ203(ホ二〇三)第二次世界大戦中に大日本帝国陸軍が使用した航空機関砲である。
目次
概要

本砲の開発経過は判然としない。
日本陸軍の依頼により1940年(昭和15年)に日本特殊鋼が試作、半自動式の平射歩兵砲を自動式に改修し航空用に転用したとの説がある[1]
日本特殊鋼は昭和7年から兵器開発を開始、昭和17年には20mm、30mm、37mm、57mm航空機関砲を開発した。
機関砲の設計ノウハウとしては1939年(昭和14年)に試製三十七粍高射兼対戦車砲を製造している[2]
民間から火砲を製作し、陸軍に提案した事例はこの企業の他に存在しない[3]
航空工廠は1943年(昭和18年)3月、二式複座戦闘機「屠龍」にホ203を搭載した試作機の製作に着手した。
5月に試作機が完成、10月には二式複戦甲型の改修を終了(改修機65機)した。
兵装構成は胴体下部に口径20mmのホ3機関砲1門を搭載、機首に本砲を1門装備したもので、丙型(キ45改丙)と称された[4][5]
この機関砲を搭載した二式複戦は、整備や装弾のために機首の前方部分をそっくり取り外すことができた。
胴体の4本の縦通材に鋼管を溶接して作られた砲架を設け、この砲架に砲身中央部を接続して砲を搭載している。
機関砲の砲身上部には16発を収容するベルト弾倉方式のドラムマガジンが装着された[6]
搭載弾数は16発であるが、最初の1発は暴発防止のために抜かれて15発が定数となった[7]
またマガジン後方には、暴発したときの防御として鋼板が配されている[8]
発砲の反動は700kgである。
注目の情報

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ホ203」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio