ホーフの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ホーフ>ホーフの1ページ目

ホーフとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章地図
基本情報
連邦州:バイエルン州
行政管区:オーバーフランケン行政管区
郡:郡独立市
緯度経度:⇒『北緯50度19分19秒 東経11度55分08秒 / 北緯50.32194度 東経11.91889度 / 50.32194; 11.91889
標高:海抜 500 m
面積:
58.0295 km2
人口:
45,930人(2018年12月31日現在)[1]
人口密度:791 人/km2
郵便番号:95028, 95030, 95032
市外局番:09281
ナンバープレート:HO
自治体コード:
09 4 64 000
行政庁舎の住所:Klosterstraße 1 95028 Hof
ウェブサイト:⇒『www.hof.de
首長:エーファ・デーラ (Eva Döhla)
州内の位置
地図

ホーフ市は、周囲をホーフ郡に完全に取り囲まれている。
北から時計回りに、以下の自治体と境を接している。
 ファイリッチュ
 トローゲン
 ガッテンドルフ
 デーラウ
 オーバーコッツァウ
 コンラーツロイト
 ロイポルツグリュン
 ケディッツ
⇒『
ホーフの平均気温と平均降水量
中低山地

ホーフは、フランケンヴァルト、フィヒテル山地、フォクトラントに接する位置にある。
さらには、テューリンゲンの森、バイエルンの森、ボヘミアの森あるいはエルツ山地の支脈にあたると見ることもでき、中低山地的な性格の強い土地である。
気候

年間の平均気温は7℃以下で、ドイツ語圏の人口2万人以上の都市の中で、最も低い平均気温の町となっている。
歴史
アンデクス=メラニエン及びヴァイデン(1080年 - 1373年、293年間)
⇒『
ホーフで最も古いロレンツ教会
ホーフは1080年頃に開拓農地Rekkenzeとして創設された。
この名前は、レグニッツ川にちなんで付けられた。
この川がザーレ川に注ぐ河口付近に最初の家が建設された。
この開拓地は、1214年に初めて文献に現れる。
その後、集落は丘陵地との境界まで広がり、「アルトシュタット」と呼ばれることとなる。
先述の文献には、ホーフで最も古い教会で、市の出発点となったロレンツ教会についても言及されている。
1230年頃、アンデクス=メラニエン公オットー1世が、北部に市壁と市門をもつ「ノイシュタット」と呼ばれる町を築いた。
この町は初め、(Stadt am) ReginitzhofあるいはHof Regnitz(いずれも「レグニッツ川沿いの領地」の意)と呼ばれたが、後に(Stadt) am Hof、そして(Stadt) zum Hofと呼ばれるようになり、最終的にHofという名になった。
ホーフでは、市壁と市門をもつ中世風の町が「ノイシュタット」(新市街)と呼ばれ、より古いアルトシュタット(旧市街)は門の前に位置する。
ノイシュタットを通る最も広い通りはルートヴィヒ通りと呼ばれている。13世紀の終わりまでホーフには2つの修道院があった。1373年に、ヴァイダの代官からホーエンツォレルン家ニュルンベルク城伯にホーフの支配権が移された。
ブランデンブルク=バイロイト(1373年 - 1792年、419年間)
⇒『
ルートヴィヒ通りに面したブランデンブルク=バイロイト辺境伯家の紋章
この市は、ホーエンツォレルン家のブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯領(宮廷所在地の移転後はブランデンブルク=バイロイト辺境伯領)の一部、Landeshauptmannschaft Hofとなった。
この時代のホーフの公式な称号“Hochfürstlich brandenburgische Hauptstadt Hof im Vogtlandte”(フォクトラントにあるブランデンブルク侯の主要都市ホーフ)であった。1430年フス教徒が侵攻し、ひどく破壊されてしまった。
その後、このような攻撃から防衛するための射撃サークルが1432年に発足した。
このギルドの毎年の射撃練習の日は、「ホーフの国民の祝日」とされ、「スリッパの日」と呼ばれている(あるメンバーが慌てていてスリッパのまま練習にやってきたという故事にちなむ名前)。
ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯アルブレヒト・アルキビアデスは、1546年ギムナジウムを創設した。
この学校はオーバーフランケン地方で最も古いギムナジウムで、ヤン=パウル=ギムナジウムと呼ばれている。1553年第二次辺境伯戦争のためホーフはニュルンベルク軍とボヘミア王国軍に包囲され、占領された。1743年にホーフ城は焼け落ちた。
この城は、辺境伯から任命されたLandeshauptmannschaft Hofの管理人の居城であった。
しかし城はこの火災の後、再建されることはなかった。
ルートヴィヒ通り14番の建物につけられた記念標は今日も辺境伯時代を彷彿とさせ、「ブランデンブルクの家」と呼ばれている。
プロイセン、フランス(1792年 - 1810年、18年間)

1792年にホーフは、ブランデンブルク=バイロイト辺境伯領ごとプロイセン王国に属することとなった。1806年、町はフランス軍に占領された。
ホーフを含むバイロイト侯領は1810年バイエルン王国に売却された。
バイエルン(1810年以降)

1823年に起こった火災は、ノイシュタットのほぼ全域を焼き尽くした。19世紀の終わりには、アルトシュタットが拡張され新たに多くの家屋が建造された。
これは現在「ノイシュタット」と呼ばれる地域にも及んだ。1848年、ホーフにバイエルンのルートヴィヒ南北鉄道とザクセン=バイエルン鉄道が開業した。
初めホーフ駅は市の中心部、現在の郵便局付近にあったが、1880年に主要乗換駅として市門から離れた場所に新しいホーフ駅が建設された。1901年から1920年代の初めまでは、路面電車が市と駅を結んでいたが、その後は市バスに置き換えられた。
バイエルンとザクセンの国境の駅として、ホーフ駅はそれにふさわしい機能を備えていた。
1945年、ホーフは空襲を受け、一般市民にも犠牲者が出た。
戦後のドイツ分割によってこの市は完全に周辺の町となった。
築いてきた北や東、すなわちテューリンゲン、ザクセン、ボヘミアとの良好な結びつきは絶たれてしまった。
モシェンドルフ地区には戦後、難民収容所が設けられた。ポツダム協定により居住地から逐われた難民たちが流入したために、市の人口は膨れあがった。
ホーフとその周辺地域には多くの新しい住まいが建設された。1989年の東西国境開放、1990年ドイツ再統一により、形こそ変化したものの、かつての結びつきが復活した。
人口推移

】:
】: 【人口(人)】: 【】: 【人口(人)
】:
】:
1818】: 4,667】: 【1939】: 44,878
】:
】:
1840】: 7,985】: 【1945】: 55,405
】:
】:
1880】: 21,000】: 【1950】: 63,871
】:
】:
1900】: 32,781】: 【1955】: 58,005
】:
】:
1920】: 40,785】: 【1960】: 58,595
】:


】:

】:
】: 【人口(人)】: 【】: 【人口(人)
】:
】:
1965】: 55,810】: 【1988】: 50,938
】:
】:
1970】: 56,555】: 【1989】: 52,319
】:
】:
1975】: 54,644】: 【1990】: 52,913
】:
】:
1980】: 53,180】: 【1995】: 52,590
】:
】:
1985】: 51,035】: 【2000】: 50,741
】:


】:

】: 【人口(人)
2004】: 49,163
2006】: 48,414


楽に探せる!楽ワード

ページ(1/21)
次ページ





ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典