ホンダ・RC211Vの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ホンダ・RC211V>ホンダ・RC211Vの2ページ目

ホンダ・RC211Vとは?




RC211V(アールシーにいちいちブイ)は、2002年からのロードレース世界選手権の大幅な規定変更により、2001年から2006年の間に本田技研工業の子会社であるホンダレーシング(HRC、Honda Racing Corporationの略)によって開発されたロードレーサー(競技専用オートバイ)の名称である。
車名の「RC」はHondaの4ストロークグランプリマシンを意味し、「211」は21世紀におけるグランプリマシンの1代目であり、末尾の「V」は、5気筒の5を示すギリシャ文字、V型エンジンとVICTORYの頭文字という意味を持たせている。

目次

 1 概要
 2 車両解説
 3 ニュージェネレーション
 4 レース戦績
 5 参考画像
 6 脚注
 6.1 注釈
 6.2 出典
 7 参考文献
 8 関連項目
 9 外部リンク

ウィキペディア目次へ
概要

開発責任者は、元本田技術研究所上席研究員でロードレース世界選手権総監督の吉村平次郎である。
新しいレギュレーションでは2ストロークは500cc4気筒、4ストロークは990ccまでの気筒数は無制限(ただし最低重量制限は気筒数により異なる)となった。
500ccクラスの名称はMotoGPとなり、使用できる車両はこれまで通りプロトタイプのみ。
また、かつてホンダが開発した楕円ピストンエンジンにはハンディが課され、4気筒エンジンと5気筒エンジンでは同じ最低重量制限となったため、ホンダは4気筒よりも高出力の望める5気筒エンジンを、最も得意とするV型にまとめることにした。
エンジンは2002年から2005年までモリワキエンジニアリングにも供給され、同社のレーサー「MD211VF」に搭載された。2006年にはケニー・ロバーツが率いるチームロバーツにも供給され、翌2007年(RC212Vエンジン)まで供給は続けられた。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/13)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ホンダ・RC211V」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ホンダ・RC211V」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio