ブローバックの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ブローバック>ブローバックの2ページ目

ブローバックとは?




短機関銃では第一次大戦において、ビラール・ペロサM1915MP18等に、第二次大戦においては、MP40ステントンプソンPPSh-41等各国に採用され、戦後も多くの短機関銃の作動方式として採用された。
小銃では、.22LR弾を使用する小口径の銃にストレートブローバックが採用された。
戦後には、ディレードブローバックがスペイン製のセトメ・ライフルで採用され、これを改良したH&K G3からは多くの派生型が発展した。
その他にも少数の軍用自動小銃等に採用された。
現在は、主に.380ACP弾以下の威力の弾薬を使用する自動拳銃や、短機関銃、自動小銃等に使用されている。
 
MP18シンプルブローバック
  楽に探せる!楽ワード

ページ(2/36)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ブローバック」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ブローバック」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio