フロントサスペンション_(オートバイ)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>フロントサスペンション_(オートバイ)>フロントサスペンション_(オートバイ)の1ページ目

フロントサスペンション_(オートバイ)とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
フロントサスペンションは、オートバイの車体を構成する要素の一つで、車軸を支持しながら路面の凹凸を吸収して振動を抑制しタイヤの接地を適切に保つための構造をもっている。
典型的なオートバイはフロントサスペンションにテレスコピックフォークを持つ[1]
目次

 1 概要
 2 形式分類
 2.1 テレスコピックフォーク
 2.1.1 セミエア式
 2.1.2 アンチノーズダイブ機構
 2.1.3 倒立式 (倒立フォーク)
 2.1.4 オレオ式フォーク
 2.1.5 ガスカートリッジ式フォーク
 2.2 リンク式フォーク
 2.2.1 ガーダーフォーク
 2.2.2 スプリンガーフォーク
 2.2.3 アールズフォーク
 2.2.4 ボトムリンクフォーク
 2.2.5 トレーリングリンク式
 2.3 フォークステア
 2.3.1 テレレバーフォーク
 2.3.2 デュオレバー・フォーク
 2.4 ハブセンターステア
 2.4.1 RADD方式
 2.4.2 ChiQane方式
 2.4.3 Tesi方式
 3 脚注
 4 参考文献
 5 関連項目
概要

初期のオートバイは自転車にエンジンを付けただけの形態で、前後輪ともにサスペンションを持たない車体構造であった。
やがてエンジン性能の向上に伴い、安全でより速く走行するために、はじめは前輪にサスペンションが組み込まれ、やや遅れて後輪にも組み込まれて現在に至っている[2]
古くから前輪は自転車と同様にフォークで支持され、これにサスペンション機構を組み込んだ形で改良が進められてきた。
現在は性能とコストのバランスから、サスペンションに比較的高い性能を求められる車種にはテレスコピック式フロントフォークが採用され、スクーターやビジネスバイクのように低いコストを求められる車種にはボトムリンク式フロントフォークが採用される場合が多い[2]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/26)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「フロントサスペンション_(オートバイ)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio