フッ化水素の解説頁です。 Weblio辞書辞典>業界用語>環境用語>フッ化水素>フッ化水素の12ページ目

フッ化水素とは?




1886年6月、アンリ・モアッサンの実験によって確立され、現在でも基本的にはこの方法が用いられる。

ウラン濃縮用途

核燃料製造にあたってウラン濃縮のために必要となる六フッ化ウランの製造過程において使用される。
詳細は「酸化ウラン(IV)」および「四フッ化ウラン」を参照

毒ガス兵器製造用途

有機リン系神経ガスであるサリンの製造に、フッ化水素またはフッ化ナトリウムが使用される[7]
プロセスについては「サリン#合成及び構造」を参照
工業的生産量

フッ化水素酸(濃度50%換算値)の2013年度日本国内生産量は 64,841 t、出荷量は 56,758 t であった[9]
注目の情報

ページ(12/18)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「フッ化水素」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「フッ化水素」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio