フッ化水素の解説頁です。 Weblio辞書辞典>業界用語>環境用語>フッ化水素>フッ化水素の2ページ目

フッ化水素とは?




フッ化水素(フッかすいそ、弗化水素、hydrogen fluoride)とは、水素フッ素とからなる無機化合物で、分子式が HF と表される無色の気体または液体。
水溶液はフッ化水素酸 (hydrofluoric acid) と呼ばれ、フッ酸とも俗称される。毒物及び劇物取締法の医薬用外毒物に指定されている。
目次

 1 製法
 2 性質
 2.1 分子の性質
 2.2 溶媒としての性質
 2.3 ガラスとの反応
 2.4 主な用途
 2.4.1 ウラン濃縮用途
 2.4.2 毒ガス兵器製造用途
 3 工業的生産量
 4 毒性
 5 輸出規制
 6 事故・災害
 6.1 八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故
 6.2 亀尾フッ化水素酸漏出事故
 7 脚注
 8 関連項目
 9 外部リンク
製法

フッ化水素は、蛍石フッ化カルシウム CaF2 を主とする鉱石)と濃硫酸とを混合して加熱することで発生させる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/19)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「フッ化水素」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「フッ化水素」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio