フッ化水素の解説頁です。 Weblio辞書辞典>業界用語>環境用語>フッ化水素>フッ化水素の1ページ目
「フッ化水素」とは
辞書を選択できます:

フッ化水素とは?



環境用語
アルキル化触媒として,また,アルミニウム電解工場等の排ガスとして大気放出されます。フッ素可溶性フッ化物と共に植物には極めて有害であり,動物骨格カルシウム,歯等を侵して,治療困難な長時間にわたる重い障害起こすものです。

(提供元:九州環境管理協会)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
フッ化水素
IUPAC名
フッ化水素
別称
フッ化水素酸(水溶液)
識別情報
CAS登録番号⇒『7664-39-3
特性
化学式HF
モル質量20.01 g/mol
外観無色気体または液体
密度0.922 kg m−3
融点
−84 °C, 189 K, -119 °F
沸点
19.54 °C, 293 K, 67 °F
への溶解度任意に混和(沸点以下)
酸解離定数 pKa3.17(希薄水溶液)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo-272.1 kJ mol-1(気体)[1]−299.78 kJ mol−1(液体)
標準モルエントロピー So173.779 J mol-1K-1(気体)
標準定圧モル比熱, Cpo29.133 J mol-1K-1(気体)
危険性
NFPA 704
0
4
2
関連する物質
その他の陰イオン塩化水素臭化水素ヨウ化水素
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

注目の情報

ページ(1/18)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「フッ化水素」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio