ファイティングファンタジー_(アーケードゲーム)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ファイティングファンタジー_(アーケードゲーム)>ファイティングファンタジー_(アーケードゲーム)の1ページ目

ファイティングファンタジー_(アーケードゲーム)とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
ファイティングファンタジー』は、1989年データイーストから開発、販売されたアーケードゲームである。
ジャンルは格闘系アクションゲーム(サイドビュー方式)。
日本国外でのタイトルはHippodrome
同名のゲームブック『ファイティング・ファンタジー』とは関係が無い。

目次


ウィキペディア目次へ
ストーリー

一年に一度、惑星最強の戦士を決めるために開かれる闘技会にエントリーした主人公は、生死と栄光を賭けてさまざまな種族の敵と闘う。

ウィキペディア目次へ
概要

8方向レバー(移動)と2つのボタン(攻撃、ジャンプ)で主人公を操作する。
レバーと攻撃ボタンの組み合わせでさまざまな攻撃を繰り出すことができる。
全8ステージ×1周。
最初の6ステージまでは対戦相手を自由に選択できる。
また、対戦で得た報酬で武器や強化アイテムを購入することが可能である。

ウィキペディア目次へ
解説

一対一の格闘系アクションにファンタジー世界観を持ち込んだゲームであり、そのために敵キャラクターの外観や攻撃方法が多彩なものとなった。
一部のキャラクターデザインやエンディングに表示される絵には当時人気のあった『北斗の拳』や『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』の影響が見られる。

ウィキペディア目次へ
武装・アイテム
最初から持っている武器。
射程・威力共に普通だが連射が効くので敵によっては有効な武器。
メイス
バトルアックス
間合いは剣より若干狭く攻撃力が高い。
当たり判定の出現時間が剣より短いので乱打戦には向かない。
ハルバード
攻撃力は剣と同じだが間合いが広くなる。
手元には当たり判定が無いので近接に弱い。
ポーション
体力増強剤。
ライフの最大値が増える。
このアイテムのみ複数回購入可能。
ペンダント
ライフが0になったとき一定量回復する。

ウィキペディア目次へ
登場キャラクター

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ファイティングファンタジー_(アーケードゲーム)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio