ビートロックの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ビートロック>ビートロックの1ページ目

ビートロックとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。
議論はノートを参照してください。(2011年5月)

ビートロック(beat rock)はロック(音楽)に於ける、日本独特のジャンル。
かなり固いセッティングのスネアドラムの音を強調したスタイルで、ギターはカッティングを多用したスタイルであり、ボーカルパートはキャッチーなメロディーラインが特徴である。
また、類義語に「ビートパンク」があるが、音楽ライターの中込智子は「日本におけるビートロックは(福岡出身の)THE MODSARBらに代表される"めんたいビート"を始祖とし、そこからBOØWYUP-BEATらに受け継がれた。BOØWYがこのスタイルを確立し、80年代前半から90年代前半までのバンドブーム期にこのジャンルを踏襲するバンドが多く出現した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ビートロック」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio