バスドラムの解説頁です。 Weblio辞書辞典>趣味>音楽用語>バスドラム>バスドラムの1ページ目
「バスドラム」とは
辞書を選択できます:

バスドラムとは?



音楽用語(⇒『ヤマハミュージックメディア』)
ドラム・セットの中で最も口径大きいのがバス・ドラム。
普通は18インチから26インチまでのものが使われる。シェル材質はほとんどが木製
バス・ドラムをショットするのはフット・ペダルにセットされたビーターで行う。
フット・ペダルを踏み込むビーターヘッドを打つようになっているこのようにバス・ドラムの演奏は足で行うために、ショットとはいわず、キックという言葉が用いられる。
ほとんどのドラム・セットはバス・ドラムが1台というものだが、時には2台のバス・ドラムをセットしたもの見受けられる
この場合は特にツー・バスという言い方で、普通のセット区別されている。ツー・バス場合両足を使うことから、速いテンポ連打が可能になり、独特なリズム打ち出すことができる。
これに近い効果を1台のバス・ドラムで出せるように、2つのビーターセットしたダブル・フット・ペダルとか、ツイン・ペダル呼ばれているペダル開発されている。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/17)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「バスドラム」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio