バイオアッセイの解説頁です。 Weblio辞書辞典>工学>原子力防災基礎用語>バイオアッセイ>バイオアッセイの1ページ目
「バイオアッセイ」とは
辞書を選択できます:

バイオアッセイとは?



原子力防災基礎用語
バイオアッセイは、内部被ばく線量測定評価するための生体試料分析法である。生体試料としては、血液呼気鼻汁毛髪及び代謝機能により人体から排泄される汗、尿、糞などが試料として用いられ、これらに含まれる放射能量を測定することにより、摂取量あるいは体内放射能評価する。ガンマ線を出す放射性物質体内取込まれた場合は、全身カウンタによって比較的簡単に測定評価することができるが、アルファ線またはベータ線主として検出する放射性物質場合は、通常はバイオアッセイによらなければならない

(提供元:文部科学省)

ページTOP▲

ウィキペディア
バイオアッセイ(Bioassay)とは、生物材料を用いて生物学的な応答を分析するための方法のことである。
単語はバイオ(生物)とアッセイ(分析、評価)を組み合わせて作られた。
日本語では生物検定生物学的(毒性)試験と訳す。
バイオアッセイには、生体に対する影響を調べることに重点が置かれるマクロバイオアッセイ化学物質濃度定量に資するマイクロバイオアッセイがある。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「バイオアッセイ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio