ハ5 (エンジン)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ハ5 (エンジン)>ハ5 (エンジン)の1ページ目

ハ5 (エンジン)とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア

ハ5は1930年代に中島飛行機(以下、中島)が開発・製造した複列14シリンダー空冷星型航空機レシプロエンジンである。大日本帝国陸軍(以下、陸軍)にハ5(ハは発動機を示す陸軍の略記号)として採用され、性能向上型としてハ41ハ109が生まれた。
設計担当者は中島の石田義郎技師と吉川晋作技師。
基本コンセプトは中島の草分け的航空機用エンジンである単列9シリンダーの寿(ハ1)を複列14シリンダー化したもので、ボア(シリンダー直径)とストロークピストン移動距離)は寿と同一であった。
初めは爆撃機用のエンジンとして採用されたが、発展型のハ41とハ109は二式単座戦闘機(キ44、「鍾馗」)にも搭載された。
なお、大日本帝国海軍の機体には装備されなかったため海軍式の漢字の通称はない。

目次

 1 概要
 2 主要諸元
 2.1 ハ5
 2.2 ハ41
 2.3 ハ109
 3 関連項目
 4 参考文献

ウィキペディア目次へ
概要

中島は1928年(昭和3年)のブリストル飛行機ジュピターライセンス生産を皮切りに空冷星型エンジンの開発・製造に着手し、数年後にはプラット・アンド・ホイットニーカーチス・ライトの技術・生産手法も取り入れつつ寿や光(ハ8)といった単列空冷星型エンジンを送り出していた。
ちょうど空冷星型エンジンの趨勢は単列から複列に移行しつつあった時期であり、中島でも光の開発と前後して寿を複列化したハ5(社内名称NAL)の製作を進め、1933年(昭和8年)には試作型が完成した。
注目の情報

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ハ5 (エンジン)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio