ハイキャスの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ハイキャス>ハイキャスの1ページ目

ハイキャスとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
HICAS (ハイキャス、High Capacity Actively Controlled Suspension)は、日産自動車が開発した電子制御四輪操舵機構である。自動車技術会「日本の自動車技術240選」[注 1]の「シャシー」部門で「乗用車として世界で初めて商品化された四輪アクティブ操舵システム」[2]として選出されている。
目次

 1 狙いと制御
 2 バリエーション
 2.1 HICAS
 2.2 HICAS-II
 2.3 SUPER HICAS
 2.4 電動SUPER HICAS
 3 HICASのその後
 4 その他
 5 脚注
 5.1 注釈
 5.2 出典
狙いと制御

四輪操舵は操縦安定性能向上を対象にするものと、回頭性能向上を対象にするもの[3]に大別されるが、前者に該当するHICASは操舵時期や角度を研究し、舵角比例制御方式に比して過渡特性まで最適化することにより、シャシ運動性能のキャパシティ向上と運転者感覚に近い操舵の両立[4]を企図している。
高速旋回時に後輪を前輪と同位相方向へ操舵すると、車体後部の横滑りを伴わずに後輪へ横力が発生し、遠心力と横力が早期に均衡することで操縦安定性が向上[3]する。
単純な舵角比例制御方式では、前輪操舵と同時に後輪操舵が開始することにより車体ヨーイングの応答性が抑制されることと、旋回開始から定常旋回へ移行する過程において車体横滑り角が通常と逆位相になり曲線内側へ向かうことから、運転者が違和感を知覚したり、ヨーイングの遅延分だけ旋回軌跡が曲線外側へ遷移[5]する。
HICASは後輪操舵時期を前輪操舵より遅延させるディレイ制御[4]を採用し、曲線通過時の過渡特性を考慮して後輪操舵を車体のヨーイング開始以降に制御することで、車体滑り角の縮小による操縦安定性能向上に加え、単純な舵角比例制御方式に比して運転者感覚に近い操舵[6]を実現している。
緊急回避操作時などさらに広範な状況で運転者の意図や期待に応答するには鋭敏な回頭性[7]を要するため、SUPER HICASは位相反転制御[7]を採用している。
ディレイ制御では、必要とされるヨーイングの開始まで安定方向への後輪操舵を遅延させるが、位相反転制御では一層積極的に、前輪操舵に同期して後輪を一瞬逆位相へ転舵した直後に同位相へ復帰することにより後輪のコーナリングフォースがヨーイングを促進し、操舵開始時の回頭性向上と、過大ヨーイングの防止[7]を両立している。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ハイキャス」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio