ニアルコスファミリーの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ニアルコスファミリー>ニアルコスファミリーの1ページ目

ニアルコスファミリーとは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
スタブロス・スピロス・ニアルコス(スタヴロス・スピロス・ニャルホス、Σταύρος Σπύρος Νιάρχος、ラテン文字転記:Stavros Spyros Niarchos)(1909年7月3日-1996年4月16日)は、ギリシャの企業家。海運会社を保有し、世界的な富豪であった。競走馬馬主としても知られた。
晩年はスイスサンモリッツで暮らした。

目次

 1 事業歴
 2 家族
 3 美術コレクション
 4 競走馬
 4.1 主な競走馬
 5 外部リンク

ウィキペディア目次へ
事業歴

アテネ生まれ。
両親はもともとアメリカ人で、バッファロー (ニューヨーク州)で百貨店を経営していたが、スタプロスが生まれる少し前にギリシアに移住した。1929年アテネ大学法学部卒業。1930年代の世界的不況の中、6隻の船を購入し、1939年に海運会社(現在のニアルコス・グループの基)を設立。第二次世界大戦中はギリシャ軍に属し連合軍に船を貸したが撃沈された。
しかし、その保険金を元手に新たな船を購入し事業を拡大したという。1952年には当時世界最大級のオイルタンカー「World Unity」号(32,895DWTトン数)を保有した。1956年スエズ危機により運送料が高騰したため会社は多くの利益を上げた。

ウィキペディア目次へ
家族

5回結婚し、2人の娘と3人の息子をもうけた。
1930年にコンスタンティン・スポリデス提督の娘ヘレン・スポリデスと結婚したが、一年で離婚した。
1939年にメルポメネ・カッパリスと結婚、1947年に離婚した。
ギリシャの海運王ジョージ・S・リバノス(Georges S. Livanos)の姉ユージニア(Eugenia)と1947年に結婚、1965年に離婚した。
ヘンリー・フォード2世の娘シャーロットと結婚、その後離婚し、ユージニアと縒りを戻した。
1965年の彼らのメキシコでの離婚はギリシャ法の下においては承認されなかったので、法的に再婚の手続きを踏むことは必要なかった。
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ニアルコスファミリー」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio