ニアピンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>スポーツ>ゴルフ用語>ニアピン>ニアピンの1ページ目
「ニアピン」とは
辞書を選択できます:

ニアピンとは?



ゴルフ用語
ショートホールピンに一番近くよったショット和製英語)。
英語では Greenie もしくは Closest to the pin と言う


» ⇒『ゴルフ幹事の心得


(提供元:豆辞典ドットコム)

ページTOP▲

ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
ニアピン(near pin)とは、ゴルフにおいて、カップ(ピン)に最も近い位置にボールを近づけた距離を争うコンテストを示す和製英語[1]
英語では「closest to the pin」等と表記されるが、なぜか略称としてはKPが使われる[1]

目次


ウィキペディア目次へ
概要

主にパー3のショートホールで行われるもので、ティーショット(第1打)をストローク・マッチプレーを問わず普通通りに打ち、打球をピンに最も近づけた選手が勝ちとなる。
ピンに直接ボールがカップインした場合はホール・イン・ワンとなる。
ゴルフ規則上、ニアピンに関するルールの定めがないため、実際のゴルフコンペでは「ワンオン条件」(1打目でグリーンオンしていない場合、どんなにピンに近くても賞の対象とならない)や「パー縛り」(パー以下のスコアでホールアウトしないと権利を失う[2])など、ニアピンに条件を加えるケースがある。
プロのトーナメントでは「ワンオンチャレンジ(hit-the-green challenge)」などと称し、ワンオンできなかったゴルファーから罰金を徴収する(罰金はチャリティに寄付される)といったイベントと組み合わせられることも多い[3]
アレンジとして、ミドルホールでのセカンド・ニアピン賞(第2打を対象として争う)や、ロングホールでのサード・ニアピン賞(第3打を対象として争う)がある。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ニアピン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio