ニアス語の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ニアス語>ニアス語の1ページ目

ニアス語とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニアス語(ニアスご、Nias)はオーストロネシア語族に属する言語である。
話者は主にインドネシアニアス島バトゥ諸島に居住する。
分類としてはメンタワイ語バタク語と同じNorthwest Sumatra-Northern Barrier Islands諸語に属する[1][2]
話者数は2000年時点で約770,000人である[1]方言として北部方言、中央方言、南部方言の3つがあり[3]、グヌンシトリ(⇒『英語版』)方言は北部方言にあたる[1]

目次


 1 歴史
 2 音韻論
 2.1 音素
 2.2 音節
 2.3 強勢
 3 文法
 3.1 語頭音の交替
 3.2 語順
 4 脚注
 5 参考文献
 6 関連書籍
 7 外部リンク
歴史

1865年にライン伝道協会(⇒『英語版』)のデニンガー牧師(E. Ludwig Denninger)がニアスの地に降り立って以来、言語学的に価値のある書物の多くはドイツ語によって記述が行われた[2]
その中でも最も重要な文法書は1913年に出版された同協会の宣教師ズンダーマン(⇒『ドイツ語版』)によるものである[4]
音韻論
音素

ニアス語南部方言の音素の一覧を以下に示す[5]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/14)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ニアス語」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio