ナイラ_(オーバーフランケン)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ナイラ_(オーバーフランケン)>ナイラ_(オーバーフランケン)の10ページ目

ナイラ_(オーバーフランケン)とは?




 Neulins, Newlins および Newlin (いずれも、1343年から1429年の間にこの順番で登場するが、一部並行して使われている場合もある)
 Neilein (1424年から)
 Neylein (1429年から)
 Neyla (1478年から)
 Naila (1643年から)
これらのバリエーションについて、意味を説明するための仮説がたくさん立てられている。
基本形である"Naila"を古代ドイツ語に由来するものと仮定しても、その意味付けについて以下の諸説がある。
 「卵形の場所」:古代の元々の地域が卵形あるいは楕円形であったことに由来する。
この意味の単語は、EilaまたはEilauと記述されるNは方言によってつけられた。
 「新しい小さな居住地」:ナイラの最も古い記述が Neulinsであることに注目したもの。
「Neu」は「新しい」を意味し、「-lins」、「-lein」あるいはもっと後の記述「-la」でさえ、小さいことを示す接尾変化である。
「-la」を小さいものあるいは低いものを表す接尾語として用いることは現代でも一般に行われている用法であり、この解釈は蓋然性の高い説明といえる。
 「新しい森の居住地」:この場合も、「Neu」は、「新しい」を意味しているとする。
「-La」は「Loh」(小さな森)と解釈され、古くは同一の語源を持つと考える。
この解釈は実際の地理的な環境に合致している。
この他にスラヴ語由来とする説もあり、以下のような解釈が提示されている。
 "Nahly" が語源。"Nahly"は「傾いたもの」「急斜面の場所」を意味する。
 "Na"と"Glina"の合成語。"Glina"はローム(粘土質の土地)を示し、"Na"は、集会所や宴会場を示す。
したがって、ローム質の上の集会所(集落)を意味する。

ウィキペディア目次へ
行政
市議会

ナイラの市議会は20議席からなる。
市長

 第1市長 フランク・シュトゥムプ (Freie Wählergemeinschaft)
 第2市長 レナーテ・マクイネス (CSU)
 第3市長 フリートホルト・シュミット (SPD)
1945年以降の歴代第1市長は以下の通り
在職年名前
1945年ゲオルク・フクマン
1945年 - 1948年ハインリヒ・ラング(シニア)
1948年 - 1952年クリスティアン・シュリヒト
1952年 - 1953年ゲオルク・フクマン
1953年 - 1956年カール・オットー・ツァンダー
1956年 - 1959年ヒルマー・ヤーン
1960年 - 1964年フリッツ・ヤーン
1964年 - 1968年ハンス・キュンツェル
1968年 - 1972年アルビン・ビショフ
1972年 - 1996年ロベルト・シュトローベル
1996年 - 2001年ハンスユルゲン・ロンマー
2001年以降フランク・シュトゥムプ

ウィキペディア目次へ
経済

ナイラは、かつては繊維の町であったが、現在ではわずかに残っているに過ぎない。
現在、この町の経済を支える柱は、特に再統一後に盛んになった小売業運輸業である。
これに続く経済の中心は、オーバーフランケン地方はどの町もそうなのだが、ビール造りで、この町には3つのビール醸造所がある。
ナイラは、不景気な高地フランケン地方にあって、数少ない例外である。
楽に探せる!楽ワード

ページ(10/19)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ナイラ_(オーバーフランケン)」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ナイラ_(オーバーフランケン)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio