ナイラ_(オーバーフランケン)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ナイラ_(オーバーフランケン)>ナイラ_(オーバーフランケン)の5ページ目

ナイラ_(オーバーフランケン)とは?




近代
⇒『
かつての裁判所の建物(1890年建造)。
現在は警察監査局が使っている。
1792年、ナイラはプロイセン王国領となったが、これは短期間で終わった。1810年からはバイエルン王国に属し、2年後には地方裁判所が設けられた。1818年に、市長、第三階級市参事会、自治委員会が組織された。1825年に裁判所の建設は完成し、1848年になると郵便窓口が設けられた。
こうした一方で、1859年、ナイラの鉱山は、閉鎖の命令を受けた。
こうした発展に向けての動きは、1862年8月3日に起きた町の大半を焼き尽くした大火災によりとまる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(5/19)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ナイラ_(オーバーフランケン)」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ナイラ_(オーバーフランケン)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio